アイリスオーヤマのロボット掃除機【IC-R01-W】を実際に使った感想!写真・動画でレビューします

商品レビュー

ルンバじゃない「安いロボット掃除機」を購入しようか迷っている方なら、一度はアイリスオーヤマのロボット掃除機「IC-R01-W」を検討したことがあるのではないでしょうか。

ルンバはみんな良いと言うし、みんなが使っているのもだいたいルンバだったりして、その他のロボット掃除機について実際にどうなのかを詳しく聞いたことがある方は少ないかも知れません。

そこでこの記事では、アイリスオーヤマのロボット掃除機「IC-R01-W」を購入して実際に使っている私が、使い勝手などを詳しくレビューしたいと思います。

結論から言うと、私はIC-R01-Wを買って良かったし、他の人にもおすすめできる商品だと思っています!

関連記事もありますので、よかったら参考にしてください。

この記事を読んで欲しい人
  • ルンバ以外の「安いロボット掃除機」について気になる人
  • アイリスオーヤマのロボット掃除機【IC-R01-W】の購入を検討している人

IC-R01-Wの機能一覧

IC-R01-Wのセット内容
発売日2020年3月
サイズ(mm)
※本体のみ
幅330×奥行330×高さ78
重量(kg)
※本体のみ
2.8
集じん容積0.36L
※説明書には掃除後
毎回捨てると書かれています
ダストボックス
の水洗い
充電時間4~5時間
自動充電
予約1日1回(リモコンのみ)
水拭き
※付属のダスター使用
使い捨てダスターは不可
アイリスオーヤマIC-R01-Wの機能

IC-R01-Wの掃除機機能を実際に使ってみました

ロボット掃除機を購入する時に気になる点4つをまとめました。

1.フローリングで実践、ちゃんとキレイになる

1回分のゴミ。説明書には「ゴミは使用のたびに捨てる」と書いてあります。

いきなり汚い写真で申し訳ありませんが、1回でこれだけのゴミを吸うことが出来ました。

我が家では、リビング+ダイニング+キッチンの20畳弱のスペースで使用、フル充電で90~120分ほど走行しますが、ちゃんと床全体がキレイになっています。

ラグは敷いていません。(今度ラグがある友人宅に持って行って試してみようかな)

1日2回、平日はIC-R01-Wのみ・週末に普通の掃除機を使って足りない部分の掃除をします。この頻度で行っていてアレルギー症状も出なくなったので、効果を実感しています。

ただ、輪ゴムはダメでした。吸うことはできましたが、その後エラーが出て走行が止まってしまいました。絡まりやすいゴミはあらかじめ取り除いておく必要がありそうです。

2.段差で動けなくなったらバックして戻る

鉄棒の脚に乗り上げるIC-R01-W

室内用の鉄棒があり、その脚のパイプ部分に乗り上げてしまうことが何度かありました。

前半分が浮き上がった状態のままになり、しばらく放置していると自分でバックして戻っていました。その後は通常の様子で走行していました。

玄関の段差は7cm以上あれば落ちないようになっています。

昔は”野良ルンバ”と言って、玄関から落ち外に出てしまったルンバがいました。

なので、やや心配なところではありましたが、実際に使ってみると一度も玄関には落ちていません。なかなか優秀です。

3.椅子の脚や家具の角、壁際に沿って走行できる

IC-R01-WはAIによって判断されるものではなく、ランダム走行で掃除すると思っていたので「壁にぶつかったら方向転換し直進」を繰り返して掃除してくれるのかと思っていました。

ところが、椅子の脚はクルッと回りながら脚に沿って走るし、壁や家具の角は90度回る上、壁と平行にまっすぐ走ります

右側に壁がある場合は、サイドブラシが回転しながら壁際のゴミも集めて吸ってくれます。そのため、壁際でもホコリが残ることはなく、すみずみまでキレイにしてくれています。

4.音はルンバより少し静か

これは感覚による比較で申し訳ないのですが、私はルンバより少し静かだなと思いました。

私は、テレビの音量を大きめにすれば、バラエティ番組ぐらいならIC-R01-Wが走行していても気にせず見ています。ドラマやトーク番組の時は少し邪魔に感じます。

音の大きさは個人の感覚によるところが大きいと思うので、へーそうなんだ、くらいの参考にしてください。

ダストボックスの掃除は簡単

ダストボックスは、ゴミ箱の上でふたをパカッと開けばボックス内のゴミを捨てることができます。

私は、ゴミを捨てた時にダストボックス自体と本体も少し掃除します。

コード付き掃除機のノズルをブラシのものに変えて、細かいチリを吸い取ります。これだけで十分キレイになります。

紙パック式じゃないので、ダストボックスの掃除をする時にアレルギー症状が出るかと思いましたが、意外と大丈夫でした。

ゴミを捨てる時は窓を開けて、窓の外にゴミ箱を出して捨てるようにしています。

ダストボックスの汚れが気になる場合は、水洗いすることもできます。

水拭き機能はどうか?

水拭き機能も、役に立っています。終わったあとはちゃんと床がキレイになっており、素足で歩くとさっぱりとした感じがしました。

付属のダスターをセットしてタンクに水を入れるだけで、準備も簡単です。使い捨てのダスターは使えませんが、さっと水洗いするだけでダスターはキレイになったので、面倒くささも感じません。

拭き掃除はしたいけど、体力が残っていない…と今まで放置だった床が、いつでもキレイでとても気持ちが良いです。

タンクを取り付けても走行性は同じなので、何度も行ったり来たりすることで床全体をカバーできていると思います。

水拭きについて詳しくは、こちらの記事にまとめました。

多機能は求めないが掃除は手伝ってほしい!という方におススメ

私はIC-R01-Wを選んで良かったと思っています。掃除機機能も、水拭き機能も、「もっと〇〇だったら良かったのに」と思う点がなく満足しています。

コスパも良く、自信を持って人におすすめできる商品です。IC-R01-Wの購入を迷っている方は、安心して購入して欲しいと思います。

ただ、予約機能をもっと細かく設定したい方や、スマホで操作や走行した部分を確認したい方はルンバを検討すると良いと思います。

また、ラグを敷いていて水拭きもしたい方は、IC-R01-Wはラグの上に乗り上げてしまうのでルンバ+ブラーバがおすすめです。

IC-R01-Wの購入を迷っている方買いましょう!
アプリで管理・操作したい方
曜日ごとに予約指定したい方
ルンバがおすすめ
ラグを避けて水拭きして欲しい方ルンバ+ブラーバがおすすめ
どんなロボット掃除機を選ぶべきか

ルンバとIC-R01-Wの比較記事については、別にまとめてありますので是非そちらをご参照ください。

そもそもロボット掃除機って必要?と疑問に思っている方はこちらをどうぞ。

↑ ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願い致します!

タイトルとURLをコピーしました