アイリスオーヤマの小型冷凍庫【IUSDとKUSDの違い】とは?

商品レビュー

アイリスオーヤマの小型冷凍庫IUSD-9A(85L)を使用して1年、使い勝手がよくてとても気に入っています。

IUSD-9Aは現在生産終了しており、最新機種はIUSD-9B(2020年8月〜)となっています。

2台目の冷凍庫のある生活は本当に便利で、もっとみんなに知ってもらいたくブログに書いて布教活動をしているのですが、もっとくわしく伝えたく最近の機種を調べていると、KUSD-9Bというそっくりな製品を見つけました。

なので、この記事では、アイリスオーヤマの小型冷凍庫「IUSDシリーズ」と「KUSDシリーズ」の違いについて詳しくお伝えします。おすすめ冷凍庫もご紹介します。

IUSDとKUSDの違いは?

アイリスオーヤマ ノンフロン前開き冷凍庫 85L KUSD-9B-H グレー
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
種類:ノンフロン冷凍庫●冷媒:R600a●ドア数:1●トレー:4(小1、中2、底部1)●ドア開閉方向:右●コード長:1.8m

アイリスオーヤマにメールで確認したところ、IUSD-9BとKUSD-9Bの違いは若干のサイズと重さの違いだけで、他に大きな違いはないそうです。

(5~15mmほどIUSDの方が大きく、1~2kgほどKUSDの方が重い)

冷凍庫を設置する際は壁から少し離して置く必要がありますので、1~2cmのサイズ違いは問題にならないと思います。

この二つの機種で選ぶなら、好みのカラーで選んでOKということですね。

ベストセラーはIUSD、デザインにこだわるならKUSDも○

では、IUSDとKUSDはどちらが良いか?というと、私のおすすめはIUSD-9B(85L)です。

IUSDは値段と機能のバランスが良く、2万円ほどで買えるのが魅力です。KUSDは3万円ほどになりますが、グレーを選びたい時は検討すると良いと思います。

機能性については、こちらの記事が参考になると思います。

IUSDのサイズは、60L/85L/175Lの3タイプがあります。4人家族の我が家では85Lを選んで正解でした。

1~2人なら60Lでも良いと思います。175Lは容量が倍になりますが価格は1.5倍で、お得感があります。

詳しくはこちら。

アイリスオーヤマのおすすめ前開き小型冷凍庫4選

いろいろな冷凍庫がありますが、アイリスオーヤマの小型冷凍庫でも『前開きタイプ』のおすすめを4つ選んでみました。

IUSD-9B

まずは先ほどからご紹介している、ベストセラーのIUSD-9B。旧タイプですが、私も使っています。

カラーはホワイトとブラック。容量は60L/85L/175L。

KUSD-9B

IUSD-9Bとほぼ同じスペック(若干のサイズ・重さ違い)のKUSD-9B(85L)。

カラーはグレー。 容量は60L/85L。

アイリスオーヤマ ノンフロン前開き冷凍庫 85L KUSD-9B-H グレー
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
種類:ノンフロン冷凍庫●冷媒:R600a●ドア数:1●トレー:4(小1、中2、底部1)●ドア開閉方向:右●コード長:1.8m

KUGB-9B

ガラス扉がおしゃれなKUGB-9B(85L)。

カラーはホワイトとブラック。 容量は60L/85L。

アイリスオーヤマ 冷凍庫85Lガラス扉 KUGD-9B-W ホワイト
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
商品サイズ(cm):幅約54.5×奥行約56.5×高さ約82.5●質量:約33kg ●定格内容積:冷凍室:85L●電源:AC100V(50/60Hz共有)

KUSN-12A

ファン式冷却で霜取りがいらないKUSN-12A。アルミトレイ付きですばやく冷凍できる。

カラーはホワイト。容量は119L/142L。

冷凍庫119L KUSN-12A-W ホワイト
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
種類:冷凍庫 / 品番:KUSN-12A / 定格内容積※:119L(※定格容積は日本工業規格[JIS C 9801-3:2015]にもとづき、庫内の温度制御に必要でない部品(ケースなど)をはずした状態で算出しています。)

まとめ

小型冷凍庫がある生活は本当に便利です。コロナ禍が終わっても、買い置きが気軽にできる生活は、いざというときの安心にもつながります。

他にも小型冷凍庫に関する記事を書いていますので、購入をご検討されている方は是非どうぞ。

\ 公式ショップは〈メーカー保証+1年〉のあんしん延長保証あり! /
タイトルとURLをコピーしました