【家庭用】超・初心者向け解説!初めてのミシンはどの機種を選ぶべきか【職業用】

ハンドメイド

「ミシンを買おう!」と決心したはいいものの、ネットで検索してみるとどうやらミシンには種類があるらしい。「家庭用」「職業用」「工業用」「ロックミシン」このあたりが目に入り、結局どの機種を買ったらいいの!? と困ったことはありませんか。

この記事では、ミシンは全くさわったことがない、という超初心者向けにミシンについて簡単に説明します。

また、記事の後半には初心者向けのおすすめミシンをご紹介しますので、どうぞ最後までおつき合いください。

初めてのミシンに選ぶべきは「家庭用ミシン」

ミシンについていろいろと検索していると、たくさんの種類があって迷われる方が多いと思いますが、最初に買うべきは「家庭用ミシン」です。

「職業用」「工業用」と言われるミシンは、まっすぐに縫うことや強いパワーできれいにすばやく縫う、などの機能に特化しているミシンです。そのため、機能が限られており色々な機能はついていません。

まさに、仕事として「きれいな縫い目が必要」「スピードが必要」などの場合に使うミシンであり、家庭でちょっとしたものを縫いたいという場合には向いていません。

もちろん職業としていなくても一般人も購入することはできますが、初めてのミシンで購入すべきではありません。

「ロックミシン」は、ニット生地の縫製や生地の切り端のほつれを抑えるためのかがり縫いが得意なミシンです。

これはミシンを趣味とする方は持っている方も多いですが(私も持っています)、生地の真ん中を縫うことはできないミシンなので、2台目のミシンとして購入する方がほとんどでしょう。

つまり、「職業用」「工業用」「ロックミシン」はそれぞれの得意分野があって出来ないこともあるのに対し、「家庭用ミシン」はオールラウンダーでいろいろな機能がつまったミシンです。

家庭用ミシンがあれば、たいていのものは作ることができます。家庭用ミシンの性能の良しあしは、値段に比例します。

家庭用ミシンの中でおすすめは「コンピューターミシン」

さて、初めてのミシンには「家庭用ミシン」を買うべき、ということが分かりましたが、その家庭用ミシンにもいくつか種類があります。

家庭用ミシンの内部の構造や作りによって違いがあるのですが、「電動ミシン」「電子ミシン」「コンピューターミシン」のうち、初心者が選ぶべきは「コンピューターミシン」です。

ミシン内部のコンピューターで、糸調子を自動で調節してくれたり、縫い目を美しく自動で整えてくれたりします。この点は初心者がつまづきやすいポイントですので、自動で調整してくれる「コンピューターミシン」は必須です。

初めて買うミシンにおすすめのミシンはこちら

初めてミシンを買う場合は、自分で調整する必要がなく自動でいろいろ調節してくれて、かつ価格が高すぎずコストパフォーマンスの良いものをおすすめします。

ミシンの性能は価格に比例すると言ってよいのですが、だいたい3万円くらいを目安にすると簡単に”まあまあ”縫えるものを選ぶことができます。

このクラスのミシンで物足りなくなるのは、

  • 大物や厚手のものを中心に縫いたい
  • ボタンホールやステッチもたくさんの種類の中からこだわって縫いたい
  • 美しい縫い目やスピードが必要

と、考えるようになった時です。

しかし、初心者が巾着袋や入園入学グッズ、簡単な子供服を作りたくて買う分には十分な機能が備わっています。

数年使ってメンテナンスが必要になった頃、いろいろなものを上手に作れるくらい腕が上がり今後もミシンを趣味としてやっていくだろうと思えるなら、ミシンをグレードアップして再購入するかどうか検討したら良いと思います。

ちなみに、私は初めて自分のミシンを購入する時に中堅クラスのミシンを購入しました。

その理由は、腕はありませんでしたが完全な初心者ではなく、もともとミシンが好きでこれからもずっと趣味としてやっていきたい、と考えたので、メンテナンスしながら使っていけるものが欲しいと思ったからです。

しかし、中堅機種は3万円では買えません。価格、今後も必要か、どの程度こだわるか、などを考えて選ぶとよいでしょう。

もしお困りでしたら、このブログのお問い合わせフォームか、私のTwitterのDMで遠慮なくご相談ください。私で分かることであればご相談に乗らせて頂きたいと思います。

まとめ

ミシンは安いものではありませんから、購入するなら絶対に失敗したくないですよね。この記事を読んでいただくことで、ミシン選びのお手伝いができたらとても嬉しいです。

お気に入りの機種を見つけて、購入することができますように。一緒に楽しいミシンライフを過ごしましょう!

↑ ブログランキング参加中です。クリックで応援よろしくお願い致します!

タイトルとURLをコピーしました