アレルギー対応

アレルギー

【アレルギー】経口免疫療法・体験談(1)~治療を始めるまで

食物アレルギーの経口免疫療法・体験談です。2018年以降の話になります。Emilyの娘は5歳から経口免疫療法を始めました。この記事は、経口免疫療法を始めるまでの医師とのやりとりや母としての考え、いつからどうやって治療を始めるか決断するまでの体験談です。
アレルギー

救急要請の最中に意識消失し居場所を伝えられなかったらどうなるのか消防署に確認してみました

私Emilyの娘は食物アレルギーが重症で、時にアナフィラキシー状態になりエピペン注射後救急要請をすることがあります。 この娘は現在小学生で、登下校時は子供だけで歩いています。もし、登下校中にアナフィラキシーを起こしたら? 考えるだけ...
アレルギー

【アレルギー】エピペンを所持して通学するために準備したこと

食物アレルギーの症状が重症な人は、緊急治療薬のエピペンを携帯しなければなりません。このエピペンを持って小学校に入学するには、家庭と学校が連携して患児を支援するのはもちろん、登下校時に症状が出た場合の対応も考えておく必要があります。
アレルギー

【保活】アレルギーがあるなら保育園も検討した方が良いかも

アレルギーのある子は幼稚園と保育園どちらを選ぶべきか? アレルギー対応食や薬の管理はできるか。看護師のいる保育園を検討するのもアリ。アナフィラキシー持ちの娘が幼稚園に通って考えたことを母Emilyがお伝えします。
アレルギー

アレルギーがある人への「特別な配慮」とは

アレルギーのある人に必要な対応は「特別な配慮」です。アレルギー症状が出ることを避け命を守るために、出来ないことがある。アレルギーがある人が社会で生きていくために必要な「周囲の支え」とは。重度アレルギーがある娘の母で元看護師Emilyが丁寧に思いや考えを語ります。
タイトルとURLをコピーしました